HOME > 生産財・テクノ・ライフS・投資 > Bio Japan 2021オンライン参加

生産財・テクノロジー・ライフサイエンス・投資

Bio Japan 2021オンライン参加

Bio Japan オンライン参加

イタリア大使館貿易促進部は、展示・セミナー・パートナリングで構成されるイベント、BioJapanのオンラインイベントに参加いたします。

イタリアではここ10年の間でバイオ産業が盛んになっております。イタリア・バイオテクノロジー開発協会のレポートによると、イタリア国内のバイオテック企業の数は右肩上がりで増えており、2009年に505社だったのが2019年には751社と、10年間で約1.5倍に増加。特にスタートアップ企業の割合が年々増えており、2020年にはマーケット全体の約20%を超えました。

これまで、パシフィコ横浜で開催されるBioJapan 展示会にイタリアパビリオンを設けて出展してまいりましたが、今回新型コロナウイルスの影響で渡航制限のかかる中、イタリア企業16社がBioJapan内特別オンライン企画「Global Life Science Clusters」に参加します。全社がバーチャルパートナリングに参加しておりますので、BioJapan / 再生医療JAPAN / healthTECH JAPANのパートナリングシステム(マッチングシステム)に登録済の方は是非イタリア企業とのオンラインミーティングへの申し込みをご検討ください。

BioJapan / 再生医療JAPAN / healthTECH JAPANのパートナリングシステムは有料です。詳しくはこちらをご覧ください。https://jcd-expo.jp/ja/partnering.html

参加イタリア企業 

☆オンラインイベント「Global Life Science Clusters」上で各社の紹介動画を視聴できます。

・AXXAM S.p.A.

ライフサイエンス業界全体に統合されたディスカバリーサービスを提供するリーディングカンパニー。アッセイ開発、自社およびクライアント提供化合物の両方のハイスループットスクリーニング、化合物管理、ヒット化合物の同定および検証などに強みがあります。

・Bioindustry Park Silvano Fumero S.p.A.

ライフサイエンスを専門とする地元のおよそ100の企業や研究センター、学術機関が集まるイノベーション拠点bioPmedの管理会社。化学、バイオテクノロジー、医薬品、診断、医療技術、デジタルヘルス分野の企業やスタートアップ、研究機関を受け入れ支援しています。

・BIOUNIVERSA SRL

創設者が発見したBAG3タンパク質は、がんや循環器疾患などにおける細胞死の調節不全を原因とするヒト疾患の診断や治療において、さまざまな用途が示されております。BAG3プラットフォームの新たな用途を開発し、パイプラインを広げることを目標としています。

・DIATHEVA SRL

腫瘍学と感染症の分野における新規の生物学的療法の開発に力を入れ、分子および免疫酵素診断キットも開発し商品化しています。主な製品ラインは、新型コロナウイルス感染症を含む動物およびヒトの微生物感染症の診断と管理、予防に特化したもの。APIの製造および発売を認められたGMP製造施設も有します。

・Hassisto – E-Health Platforms

慢性疾患の予防と早期発見のための、家庭環境におけるEヘルス モジュール式モニタリングプラットフォームを展開しております。

・lightScience Srl

近赤外線(NIR)分光法、クラウドコンピューティングでのサンプリング用DBSカード、および機械学習ベースの計量化学キャリブレーションモデルに基づき、移動中に血液試料を検査できる画期的な手法を市場に出すことを目指しています。

・Lo.Li. Pharma International

栄養補助食品と外用薬を専門とし、高品質かつ革新的なソリューションに力を入れております。特に「女性の健康」に注力しており、婦人科、産科、内分泌科、泌尿器科を治療分野の対象としております。

・Menarini-Silicon Biosystems

フィレンツェに本社を置く医薬品、バイオテクノロジー、診断の多国籍企業Menariniグループの完全子会社。希少細胞を単一細胞の精度で計数、選別および分子キャラクタリゼーションを実行するためのエンドツーエンドの独自の技術およびソリューションを提供いたします。

・Olon S.p.A.

ジェネリック市場向けの合成プロセスと生物学的プロセスを用いた医薬品有効成分(API)の製造および医薬品開発製造受託(CDMO)の世界的リーダー。Olonバイオテクノロジーセンターは、微生物発酵に関して欧州で最も豊富なノウハウを持つ機関の一つで、さまざまな微生物と発酵プロセスの知識も有します。

・Plasfer SRL

ドラッグデリバリーと細胞治療の用途のための、血小板および血小板由来マイクロパーティクルを用いた次世代の細胞療法を開発しています。腫瘍に対するsiRNA提供を目的とした2つの臨床候補を開発中。

・Promete Srl

国立物性物理学研究所(INFM-CNR)から分離独立した企業。研究から得た新しいアイデアを市場にもたらすことにビジネスの焦点を合わせております。効果的な分析物認識の基礎となる表面機能化、ラドンガスの蓄積濃度検出機器、食品病原体を迅速かつ低コストで検出するための磁気弾性バイオセンサーなどを紹介します。

・ReiThera SRL

ウイルスベクター製造のためのスケーラブルなプロセス開発において長年にわたる専門性をもつ。先進的治療のための遺伝子ワクチンおよび医薬品の開発、GMP製造、臨床解釈に特化しております。製造を支えるcGMP施設には充填設備があり、最大2000L規模の撹拌槽型バイオリアクターと最大30m2の固定床バイオリアクターを稼働可能です。

・Remembrane Srl

カスタマイズされたGMPグレードの膜ターゲティング脂質混合物「Refeed」を設計、開発、製造。Refeedは、あらゆる細胞培養の用途の主要な性能パラメータを向上させて効率と費用対効果を高めることができるとして、世界で広く使用されています。

・Sensosan Srl

脳の可塑性を刺激するインテリジェント・ネブライザー(噴霧吸入器)と機能性芳香剤を扱っております。インテリジェント・ネブライザーは100平方メートルの空間に対応し、清掃会社や設備会社の有資格者が現在行っている空間や表面の消毒プロセスを自動化し、保証できる技術です。

・Studio Torta S.p.A.

知的財産を専門に扱う特許商標事務所。トリノ、ミラノ、トレビゾ、ボローニャ、リミニ、ローマに事務所を持ち、世界中に信頼できる代理人の確固たるネットワークを有します。中国語、日本語、ドイツ語、フランス語を母国語とするスタッフも在籍しております。

・Vera Salus Ricerca Srl

天然化合物に由来するクラス最高の医薬品候補の発見を事業の中核としております。フラボノイド由来の半合成小分子からなる化合物プラットフォーム「Flav-X」と、植物や果物からの天然化合物コレクション「Natur-X」を有しており、医薬品や食品成分の革新的なデザインを支援することができます。